不動産投資

不動産投資の今後の動向

不動産

不動産投資は今後、景気などさまざまな要因を基にして変動していきます。また不動産は、自宅だけでなく投資商品としても利用されます。不動産投資という観点からこれらは収益物件と呼ばれています。今後の収益物件の動向は非常に活況になるのではないかと考えられます。その理由のひとつとして税制改正があります。税制改正のなかでも相続税の改正が収益物件に影響を与えます。相続税は、近年改正されており、基礎控除が引き下げられました。したがって相続税の納税義務者が増えることになります。収益物件は、相続税の評価において現金などに比べると評価減をすることができます。つまり買値よりも評価方法によって評価額が下がることが多くあるためです。

不動産投資が人気の理由

不動産投資が人気の理由として、保有期間中の利益と売却時いずれも利益を得る可能性があります。保有期間中は、家賃収入を得ることができます。また業者や個人に対して買取をしてもらうことによっても利益を得ることができる可能性があります。買取は、そのときどきの相場状況によって買取価格が異なります。できれば保有期間中の利益を家賃収入を得ながら買取価格が上昇してきたタイミングで売却することができればかなり実りある不動産投資となることがあります。また不動産投資は、他の投資に比べると、商品価値の変動は少ないという面もあります。株式であれば、無価値になる可能性がありますが、不動産投資は土地もあるため資産価値があると考えられます。

物件を売る

マンション

収益物件とは、不動産収入を得るために購入する不動産のことを言います。これを買取る際は、その地域を利用する層をしっかり考慮したうえでターゲットを絞り、そのような人たちが利用したいと思う物件を作り上げる必要があります。

詳細を確認する...

利益を生む物件の売却は

不動産

収益物件を手放したいと希望する場合、仲介と買取という二通りの選択肢があります。仲介なら手数料が必要で、一般的に期間も長くかかりますが、売却価格は高く望むことができます。一方買取の場合は、価格は仲介よりも安くなりますが、その代わり手数料は不要で、すぐに売却できるのがメリットです。

詳細を確認する...

投資の基本的姿勢

貯金箱

投資というのはギャンブルではない。大きな利益率というのは大きなリスクと表裏一体だ。そのため、収益物件には確実性こそが求められる。収益物件の買取には精査が必要だ。十分な情報を収集して合理的な結論が出てから買取に踏み出すことが肝要だ。

詳細を確認する...